スタッフブログ ♦ 仙台東口店

春を健康に過ごす!

Date. 2019.03.14

こんにちは。石野巻です。

少しずつ暖かくなってきたな~と油断していたらこの間雪が降っていてびっくりしました(笑)

まだまだ防寒具は手放せませんね!

 

それでも日中は暖かい日が増えてきて、日も長くなってきています。

ご近所でも連日引越業者さんのトラックをみかけるのでそういったところでも季節の変わり目を感じています(笑)

暖かくなってくると何か新しい事に挑戦してみたくなりますよね。

ただ意外と春は体調を崩しやすい季節でもあるんです。

代表的な春の体調不良として

・何となくダルくて、身体が重く感じる
・疲れやすく、休息をとっても疲れがとれない
・十分な睡眠をとっているのに、日中眠くなる
・ちょっとしたことでも、妙にイライラする
・花粉症で、鼻水やくしゃみが止まらない

など「なんとなく調子が悪く」なってしまいます。

 

原因として気温・気圧・日照時間の気象変化によるものやビタミン類の不足、生活環境の変化によるストレスなどがあげられます。

寒暖の差が激しかったり、気圧の変化が激しいと身体にストレスをかけ、自律神経も乱れがちになってしまいます。

その結果、全身の血めぐりが悪くなり、プチ不調が増えるのです。

また日照時間が長くなると、これまで冬時間だった体内時計が乱れて、熟睡できない人もいます。

不眠症のような状態になり、眠っても疲れがとれなくなくなります。

 

なぜビタミン類が不足しやすくなるかというと、ポカポカと心地いい春になると、体内の活動が盛んになる為エネルギー源となる糖質の代謝には、ビタミンB1をはじめとしたビタミン類が大量に必要になります。

その為、意識して摂らないとビタミン不足になり、春の体調不良につながります。

 

ではどうすればいいのか?

それにはやはり体を冷やさないことが大切です。

自律神経が乱れると、身体が冷えてしまいがちになるので、身体を温めてくれる食材を、意識的に摂るようにしましょう。

にんにくやネギ、生姜などの「温め食材」がオススメです。

またビタミン類を多く含む、豚肉・黄緑野菜・豆類も良いですね。

 

日照時間の変化で起きてしまった体内時計の乱れを整えるには、メリハリをつけることが大切です。

眠る30分前は、スマホやテレビの画面を見ないように意識する。
仕事も遊びもめいっぱい頑張ったら、お風呂で疲れをとって、照明を落とした部屋で、さっと眠るようにしましょう。

ただし、眠りすぎはNG!体内時計をさらに狂わせます。
睡眠の質を改善すれば、「寝ても寝足りない」という事もなくなります。

 

適度な運動やストレッチもおすすめです。

筋肉の活動を強化し、血流を安定させてくれますし、汗をかくことで、リフレッシュ感やリラックス効果もあります。
心が落ち着き、ストレスの発散にもつながりますので、室内でも簡単にできるストレッチなど是非やってみてください。

 

th

 

自律神経が乱れると痩せにくい身体になってしまいます。

体の調子を整えてすてきな春を楽しみましょう!

 

お客様へ5つの安心

女性カウンセラーによる電話対応で安心してご予約頂けます。 どんなお悩みにも迅速に対応できるアドバイザーがいます。 研修を重ねた技術者が癒しと、効果をお約束します。 アメニティも充実。クリンネスサロンでお迎えします。 トリートメント製品は天然ゲルを使用。お肌の健やかさを守ります。

ご予約/お問合せはお気軽に

大宮店 0120-719-761 仙台店 0120-16-6750 仙台東口店 0120-04-7811
  • お問合せはこちら
  • ご予約はこちら

Copyright © RAYRIS all rights reserved.